基本的な考え方

“K” LINEグループの事業経営の根幹である、安全で最適な輸送サービスを提供するために海事技術者を確保することは大切であり、確保した海事技術者を育成することも重要です。多様な人材の確保のために、各船員養成系大学・学校での講演会・座談会への当社海事技術者の派遣や、各校からのインターンシップ受け入れを通じて、海事技術者へ広く興味を持ってもらう活動や、船員養成系大学以外の一般大学から採用した者を海事技術者へ自社養成する取り組みも行なっています。

海事技術者は、船長・航海士または機関長・機関士として当社運航船に乗船し、勤務するだけでなく、その経験から得られた高い技術・知識・経験を基に、陸上において、安全で最適なサービスに欠かせない多種多様な業務に従事しています。その育成の過程において、海事技術者が最大限に能力を発揮できるよう、多数の技術的なトレーニングが提供されるだけでなく、会社と海事技術者が同じベクトルを持って能力を発揮出来るよう、階層別トレーニングも提供されています。

 

 

海事技術者の育成

KLMA(“K” Line Maritime Academy)

“K” Line Maritime Academy (KLMA)とは、“K” LINEグループの基本方針である「船舶を安全に運航し、海上における人命、貨物、及び環境を守る」ために不可欠な船員(職員、部員)及び“K” LINEグループ陸上部門(船舶管理、船員管理・育成、営業支援)で活躍できる知識・技能を有する海事技術者(“K” Line Seafarers)を育むための政策を含む教育理念の総称です。

ここでは、長年にわたって培われてきた当社グループの海技力を次世代に継承する「KLMAマスタープラン」に基づく海事技術者の育成を行っており、グループ会社一丸となって優秀な海事技術者の育成に努めています。

 

 

 

 

 

 

 

最新の知識と技術の習得

航海系の研修として2015年にKLMA(Japan)川崎汽船町田研修所に最新の操船シミュレータを導入し、事故を再現した対応等を研修に取り入れています。機関系の研修はKLMA(Philippines)で実際の主機を使った研修なども行っています。

船上では、乗船後直ちにこれらの機器を的確にかつ安全に使用することが求められるため、乗船前には、このような研修を受講することで、新技術に関する知識と技術を習得しています。

KLMA(Japan)町田研修所<br/>操船シミュレータを使用した研修
拡大
KLMA(Japan)町田研修所
操船シミュレータを使用した研修
KLMA(Philippines)<br/>主機開放研修
拡大
KLMA(Philippines)
主機開放研修