“K” LINEグループのマテリアリティ

社会的責任を重視した経営体制の構築

重要課題テーマ

重要課題

関連のSDG_{S}

コーポレートガバナンス

 

 

社会からの要請に応える経営体制の確立

 

 

ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーとの対話促進

 

 

事業活動の影響に対する配慮

重要課題テーマ

重要課題

関連のSDG_{S}

人権

差別防止
労働基本権の尊重
強制労働・児童労働の防止

労働慣行

長時間労働の防止
多様な働き方の推進
労働安全衛生向上

コンプライアンス

腐敗防止
反競争的行為の防止

安全運航

重大事故の防止

環境保全

環境マネジメントの強化
環境に配慮した事業活動

リスクマネジメント

大規模災害発生時の事業継続
大規模事故対応能力向上
危機・リスク管理体制

 

 

新たな価値の創出

重要課題テーマ

重要課題

関連のSDG_{S}

人材育成

企業風土の改善
グローバル人材の育成
ダイバーシティの推進

イノベーション

環境負荷低減やサービス品質向上を通じた

新たな価値の提供

コミュニティへの参画

自然災害被災地の復興支援

経営資源を活かした社会貢献活動の推進

雇用創出・技能開発

教育に対する支援および雇用の創出

 

 

マテリアリティ決定のプロセス

関連テーマの特定

“K” LINEグループがグローバルに事業を展開する中で、環境、社会に対し影響を与える、あるいは貢献し得るテーマを、OECD行動規範、ISO26000、GRI ガイドラインなどから抽出し、内外のステークホルダーとの意見交換を通じて特定しました。

「重要課題」の抽出

ステップ①において特定されたテーマの中から、「自社の経済、環境、社会的影響の著しさ」および「ステークホルダーの評価や意思決定への影響」において優先順位の高い10テーマを重要課題として抽出、それらを解決する経営体制の構築に不可欠な2テーマを加え、重点的に取り組むべき「重要課題」として位置づけました。

CSR活動目標の策定

ステップ②で抽出された重要課題に対し、“K” LINEグループが「中長期的に目指す姿」を定め、その実現に向けた単年度目標として「CSR活動目標」を策定しています。

SDGsとの照合

2015年に国連で採択されたSDGsの17の目標と当社のステップ③で策定したCSR活動目標を照合し、目指す方向性が同様の目標について、関連づけを行いました。

レビュー

「CSR活動目標」の進捗を半期に一度レビューし、必要に応じて目標の修正や再設定を行います。また、各年度の終わりには「CSR活動目標」の達成状況や成果を評価し、「中長期的に目指す姿」への到達状況や、事業を取りまく社会の変化などを踏まえ、新たな単年度目標を設定しています。