“K” LINEグループは1919年の設立から約一世紀に及ぶ歴史の中で、安全・確実な運航へのたゆまぬ努力を続けながら、革新的な取り組みに挑戦し、環境変化の荒波を幾度となく乗り越えてきました。

革新的な取り組み

“K” LINEグループは設立以来、進取の気性と自由闊達な企業文化の下、多様化・高度化する顧客ニーズに応え、常に業界の先駆者として技術革新を取り込み、新たな船型やサービスを開発してきました。

1968年

当社初のフルコンテナ船“ごうるでん げいと ぶりっじ”竣工

海上・陸上・ターミナルオペレーションを統合する世界的なコンテナ革命が、1960年代に幕を開けました。こうした中、1968年に北米航路に就航した当社のフルコンテナ船“ごうるでん げいと ぶりっじ”は、日本におけるコンテナリゼーションのパイオニアとなりました。その後1975年にかけてすべての主要航路をコンテナ化。さらに当時の耳目を驚かせる挑戦として、1971年に外国間をつなぐ三国間コンテナ航路、極東・北米太平洋岸航路を単独で開設しました。

1970年

日本初の自動車専用船“第十とよた丸”竣工

日本で初めての自動車専用船“第十とよた丸”を建造したのは“K” LINEです。当社はこれを「純自動車専用船(Pure Car Carrier)」と命名、その後「PCC」は自動車専用船の代名詞になりました。梱包されていない貨物を無傷で運ぶ自動車輸送には高度な品質管理が求められ、世界でも限られた船会社しかそのサービスを提供できません。“K” LINEは自動車輸送の先駆けとして半世紀にわたって輸送品質を磨き、日本発着はもちろん、三国間輸送においても確固たる地位を築き上げています。

1983年

日本籍初のLNG(液化天然ガス)運搬船、“尾州丸”竣工

天然ガスは、発電燃料や都市ガスに利用されるクリーンエネルギーとして注目されています。LNGは天然ガスをマイナス162℃で液化したもので、1969年に日本に初めて輸入されました。その後、LNG輸送は外国船社に委ねられていましたが、1983年に“K” LINEの“尾州丸”がインドネシア・日本間で、日本船籍による初めてのLNG輸送を実現しました。現在も日本のエネルギー供給の長期安定化に貢献しています。

1986年

北米大陸で日本船社初のコンテナ2段積列車(ダブル・スタック・トレイン)による海陸一貫輸送を開始

一度コンテナに貨物を詰め込めば、海・陸・空とさまざまな輸送手段を一気通貫で接続できる「コンテナリゼーション」のメリットを生かし、“K” LINEは1986年、北米大陸においてダブル・スタック・トレインと呼ばれる2段積みコンテナ専用列車を日本の船会社で初めて整備しました。これにより、輸送時間を大幅に短縮するとともに、運行スケジュールもきわめて正確なものとなり、国際化時代の物流合理化に大きく貢献しました。

 

 

 

 

環境への取り組み

“K” LINEグループは環境最先端企業を目指して長期環境指針「“K” LINE 環境ビジョン2050 ~青い海を明日へつなぐ~」を策定し、環境保全の分野においても、先進的なチャレンジで独自性を発揮しています。

2015年

最新鋭の省エネ機能を備えた超大型コンテナ船(14,000TEU型)“MILLAU BRIDGE”竣工

2015年、14,000TEU型の超大型コンテナ船MILLAU BRIDGEが竣工しました。輸送効率を高める船型の超大型化に加え、外板には海水との摩擦抵抗を低減する最新塗料、風圧抵抗を低減するバウカバー、船内消費電力を低減する機関室ファンなどを採用しました。こうしたさまざまな省エネ技術により、運航費を削減してコスト競争力の一層の強化を図るとともに、環境保全への貢献を実現しています。

究極の省エネを目指す環境対応フラッグシップ、7,500台積み自動車運搬船“DRIVE GREEN HIGHWAY”竣工

2016年

海洋汚染・生態系の保護、大気汚染、そして地球温暖化という世界が直面する地球環境の重要課題に対し、世界をリードする環境フラッグシップとして、7,500台積み自動車運搬船DRIVE GREEN HIGHWAYが竣工しました。環境先進技術の粋を集め、地球温暖化の原因となるCO2に加えて大気汚染物質(SO_{X}, NO_{X})の排出も大幅に削減できる本船は、日本船舶海洋工学会主催の「シップ・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞しました。

2020年

国際非営利団体CDPの「気候変動Aリスト」に選定。最高ランクのA評価を5年連続で獲得

“K” LINEは、持続可能な経済を実現させる活動を行う国際非営利団体(NGO)のCDPにより、気候変動への対応において世界のリーダーと評価された企業に与えられる「気候変動Aリスト」企業に5年連続で認定されました。当社は、環境の分野において2015年に策定した長期環境指針「"K" LINE環境ビジョン2050 ~青い海を明日へつなぐ~」に沿った対応を進めており、中でも当社グループ全体で環境コンプライアンスを確保しつつ、継続的に環境保全活動を推進するための体制「DRIVE GREEN NETWORK」の推進が実を結び、5年連続のAリストの評価を得ることができました。