未来社会の展望や事業特性を踏まえ「ステークホルダーにとっての関心度」と「“K” LINEの事業への影響度」の2軸から、私たちが直面し、克服しなければならない4つの「重要課題」を特定し、「リスク」を「チャンス」に転換するべく、様々な取り組みを行なっています。