中期経営計画(2022年5月9日公表)

 当社は、2022年5月に新しい中期経営計画を公表しました。新計画では、低炭素・脱炭素社会の実現に貢献する事業領域への挑戦を事業機会として成長戦略を策定し、ポートフォリオ戦略に基づき、成長の牽引役となる3つの事業に対して経営資源を集中的に配分、また、当社グループの重要な事業部門であるコンテナ船事業については、株主としてオーシャンネットワークエクスプレス社(OCEAN NETWORK EXPRESS PTE. LTD.)の持続的な成長と発展のために支援を強化してまいります。その上で最適資本構成を目指し、バランスのとれた成長投資と株主還元を軸としたキャッシュアロケーションも進めてまいります。これらの取り組みを通じて、環境負荷を軽減し、持続可能な社会の実現に向けて、企業価値を継続的に向上させることで、全てのステークホルダーに選ばれ続ける会社を目指してまいります。

オンデマンド配信

音声と資料による説明

主なQ&A

Q&A

<新中期経営計画のサマリー>

  • 財務体質は抜本的に改善し会社は新たなステージへ
  • 海運を軸とした低炭素・脱炭素化への貢献により成長し企業価値を向上させる
  • 26年度には自営事業の収益力強化が進展し経常利益1,400億円を見込む。投資規模は5年間で5,200億円
  • ポートフォリオ戦略に基づき経営資源を成長を牽引する3事業に重点的に配分
  • コンテナ船事業は当社グループの重要な事業部門であり、株主として関与継続
  • 資本コストを意識した事業別評価、資本規律、財務規律、投資規律の徹底
  • 最適資本構成を常に意識し、成長投資と株主還元を重視したキャッシュアロケーション
  • 2021年度は期末配当は1株当たり600円。22年度は1株当たり300円配当+1,000億円以上の追加還元
  • 26年度迄に4,000~5,000億円の還元を想定。機動的な追加配当/自己株式取得を積極的に検討