利益配分に関する基本方針

 

 当社は持続的成長のための投資への充当や、企業体質の充実・強化のために必要な内部留保の確保などを勘案しつつ安定的な配当を実施し、株主の皆様へ利益還元を最大化することを経営の重要課題と位置づけています。

 

 しかしながら、2019年3月7日に適時開示にて公表しましたとおり、親会社株主に帰属する当期純損益は1,000億円の損失予想となりましたため、誠に遺憾ながら中間配当に加え、通期の配当予想を無配とさせていただきます。来年度以降の黒字化必達の蓋然性を高め、早期復配を視野に入れるためにも一過性でなく、恒常的な効果をもたらす抜本的な収益力強化や、痛んだ自己資本の拡充を喫緊の課題として取り組んでまいります。

 

 株主・投資家の皆さまには誠に申し訳なく存じますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

 

 当社では今後とも株主・投資家の皆さまの期待にお応えできるよう、グループ企業の役員・従業員一丸となり、さらに努力いたしますので、皆さまにおかれましては、なにとぞ“K” LINEグループに、変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

2019年3月7日現在

2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
(予想)
年間配当金(円) 第1四半期末 ------
第2四半期末 0.002.502.500.000.000.00
第3四半期末 ------
期末 4.506.002.500.000.000.00
合計 4.508.505.000.000.000.00
配当金額(百万円) 4,2207,9694,687---
配当性向(%) 25.429.7----
純資産配当率(%) 1.21.91.2---