“K” LINEグループの物流ソリューション

国際海上輸送・国際航空輸送

“K” LINEグループではケイライン ロジスティックス株式会社(KLL)およびAir Tiger Express Companies, Inc.(ATE)が中核となり、国内外170か所以上に拠点を設け、グローバルに航空・海上貨物フォワーディング事業を展開しています。陸海空の一貫輸送体制の下、全世界を網羅したネットワークにより、お客さまの多様なニーズに応え、通関を含めたドアツードアの国際輸送サービスを実現しています。

陸上輸送

“K” LINEグループでは日本国内およびアジアを中心に陸上運送事業を行っています。タイではK Line (Thailand) Ltd.が中核となり、コンテナ輸送、完成車輸送、部品ミルクラン(巡回集荷)など幅広いサービスを提供しています。インドネシアではPT. “K” Line(Indonesia)傘下のPT. “K” Line Mobaru Diamond Indonesiaが自動車輸送を展開し、現地シェアトップを誇っています。

倉庫保管

“K” LINEグループでは日本・アジア・米国を中心とした約120ヶ所の拠点をベースに、保管・流通加工・配送サービスを行っています。タイのBangkok Cold Storage Service, Ltd.およびベトナムのCLK Cold Storage Company Limitedでは冷凍・冷蔵倉庫を運営し、主に食品関係の貨物保管・輸送を行っており、アジアを中心にコールドチェーンを拡大しています。

貨物混載サービス

“K” LINEグループではCentury Distribution Systems, Inc.(CDS)が、当社グループの物流管理システム「VMS(Visibility Management System)」を活用し、貨物混載事業(バイヤーズコンソリデーション)を展開しています。これにより多品種少量輸送等のお客さまのニーズにお応えし、個別輸送に比べ、コスト低減、リードタイム短縮、在庫削減、バイヤー側の入庫業務軽減など、効率的輸送を実現しています。

 

※バイヤーズコンソリデーション:バイヤーに代わって調達国での複数の工場で生産された商品を積地でコンテナに混載し、目的地へ輸送する物流形態。

国内における海陸一貫輸送

“K” LINEグループでは川崎近海汽船株式会社がフェリーやRORO船などの内航定期船を運航しており、北海運輸株式会社、株式会社ダイトーコーポレーション、株式会社シーゲート コーポレーションとともに、国内における海陸一貫輸送サービスを提供しています。当社グループはモーダルシフトにより、お客さまの輸送コストの削減、時間短縮、貨物ダメージ低減などに寄与するとともに、環境負荷低減に貢献しています。