持続的な成長と企業価値向上に向けて

 新型コロナウイルス感染症の拡大は世界中のあらゆる産業や企業に大きな影響をもたらし、海運業界もその例外ではありませんでした。世界の物流の80%、日本の貿易量の99%以上を海運業が担い、人々の暮らしや産業に不可欠なエネルギー資源や原材料から製品や消費財に到るまで運んでいます。コロナ禍のなかでもモノの流れは止めない、人々の生活を支えるライフラインとして働き続けるという海運の重要な役割を改めて認識しました。

 

 当社もグローバルな物流の中枢を支える一員として、人びとの豊かな暮らしに貢献するという経営理念の実現のために、船を止めず、物流インフラとしての社会的使命を果たすことに全力を挙げて取組んでいます。安全かつ高品質な輸送を、環境への負荷を低減しながら提供することの重要性は益々大きくなっています。また、カーボンニュートラルに向けたエネルギー転換や再生可能エネルギーの発展、EV化に代表されるCASEによる自動車産業の変革など、事業環境も大きく変わりつつあります。

 

 このような海運を取りまく事業環境の変化や安全・品質・環境への意識の高まりは、リスクは孕む一方、大きな機会でもあります。不確実性を抱える将来に柔軟に対応し、備え、変化への挑戦を恐れずに、「自営事業4本柱の磨き上げ」、「新たな事業領域への挑戦」、「アジアを中心にグローバル展開を加速」、「コンテナ船事業の競争力向上」、「継続的な財務基盤の拡充」という5つの施策に取り組み、これらの実現とともにサステナビリティ経営の一層の強化を図り、企業価値を継続的に向上させることで、全てのステークホルダーに選ばれ続ける会社を目指します。

 

 変化に対応し、環境に配慮し、安定した物流インフラを支え続けるという使命のもと、グループ役職員一丸となって持続的な成長と企業価値の向上に努めてまいりますので、引き続きご支援ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2021年6月