ページ内移動用のメニューです。

“K”LINE RECRUITING NAVI
  • 川崎汽船 新卒採用 公式Facebookページ
  • マイページ
  • エントリー

海上職の仕事を知ろう!

  • 航海士
  • 機関士
  • 船長
  • 一等航海士
  • 二等航海士
  • 三等航海士

船長(Captain:Capt.)

船長は、航海士の長でもあり、船の最高責任者です。キャプテン又はマスターと呼ばれます。
船長の仕事は、指揮命令権、航海成就、緊急時の対応等様々あります。

操船

入出港操船時は船長が指揮権を持つ。航海士は船長の補佐を行う。

連絡

対外的なやり取りはすべて本船の船長より行う。

管理業務

船内の資金管理や食料・嗜好品等の管理を行う。

一等航海士(Chief Officer:C/O)

一等航海士は甲板部の統括者として、作業現場での指揮命令を行います。
具体的な作業としては航海当直に加え、貨物管理、船体整備立案・実施、 甲板部労務管理があります。
甲板部には航海士、甲板長、甲板員と職務があり、全ての統括を行っています。

航海当直

一等航海士の航海当直は4時~8時、16時~20時

荷役

荷役の責任者として荷役の状況を監視する。

船体整備作業の立案・実施

船体の寿命は一等航海士によって決まるといわれる程、大切な業務である。

二等航海士(Second Officer:2/O)

二等航海士は航海当直に加え、航海計画の立案、海図の管理、航海機器の整備及び管理を行います。
航海計画では、船長と相談し、目的港までの航路を決定します。

航海当直

二等航海士の当直時間は0時~4時、12時~16時

航海計画

船長と相談し、目的港へ向けて航海の計画を立案・実施する。

航海計器の管理・検査

航海に必要な機器は多々有り、それを規則に従い、管理を行う。

三等航海士(Third Officer:3/O)

三等航海士は航海当直に加え、防火設備及び救命設備の保守・整備等を行います。
本船の状況を航海日誌に記録する。【例えば・・・本船の位置(緯度・経度)航海距離、平均速力等】
その他では船内のレクレーションを三等機関士と担当することもある。

航海当直

三等航海士の当直時間は8時~12時、20時~24時

防火・救命設備の保守・整備

消化器の点検も含め、有効期限及び異常がないかを定められた頻度でチェックする。

航海日誌

航海中、停泊中にも関係なく、日々の状況を記録する。

航海計器

航海する上で必要とされる機器を紹介致します。

操舵スタンド

レーダー等

無線機器

その他船内について

メスルーム(食堂)

洗濯・乾燥機室

居室の一例

PAGETOP