技術グループ

浅川 啓太(2012年入社)
 

エンジンや環境システムといった
船を形づくる技術的な仕様を管理。
新しい技術の投入に夢が広がる。

 

大学院の研究で養った知識を
存分に活かすことのできる職場環境。

大学院では宇宙機の研究をしていました。子供の頃から飛行機や船、電車といった乗り物が大好きで、「パイロットになりたい!」という夢もあったのですが、研究を重ねるにつれ、さまざまな最新技術に触れる機会が多い会社で働きたいと思うようになりました。
そんな私が川崎汽船に惹かれたのは、新入社員の募集内容でした。一般的に技術職と総合職は分けて募集されるイメージを持っていたのですが、川崎汽船は技術者も総合職に含んでの募集内容。その理由をたずねてみると、技術者にも幅広い業務経験を積んでもらうためとのことでした。技術開発だけでなく、船に関わるあらゆる業務に携われるということに好奇心をかきたてられ、私にとって大きなポイントとなりました。
実際に入社してみると、私の配属された技術チームのメンバーのほとんどが、営業などほかの部署の仕事にも興味を持ち、職場の雰囲気は明るくてパワフル。また、海運業界において真っ先に新しい技術を取り入れてきた、この会社のスピリットも好きです。そんな、活気溢れる職場で、自分が学んできた知識を存分に活かしたいと思っています。

感動で身震いしたエンジンの試運転。
日々の業務の意義を実感した瞬間です。

私は主に機関関連の業務を担当しています。機関というのは船を動かす動力源のことで、新しく船を建造するにあたって、メインエンジンや発電機、大気汚染物質の排出量を減らす環境装置など船にかかわるあらゆる機器をチェックし、船の設計から完成までを管理・監督するのが主な業務です。
造船する工程は、まず営業担当者から、造船にあたって必要な貨物の積載量や燃費、船速などの要望を出してもらいます。それをもとに造船会社や機器メーカーといった外部業者の人たちと細かな打合せを重ね、船を建造するプランを練ります。要望によって船を形づくる仕様はまったく異なるので、仕事にはいつも新鮮な緊張感が伴います。また、造船には、積載量や燃費の良し悪しだけでなく、環境への影響や安全面などへの配慮が求められます。
船の建造では営業への技術面からのサポートや提案も重要な任務であり、苦労するところです。たとえば、営業から提示された造船予算では要望に沿った装置や機器を取り付けるのが難しい場合も。そんなときは、いかにコストを抑えながら、できる限り要望に近い船を造り上げるか試行錯誤。そこが私たち造船技術チームの腕の見せどころだと感じています。自分の考えを問われる場面も多く、常に新しい課題に立ち向かいながら仕事に取り組んでいます。
それらの工程をクリアしてエンジンが完成し、その試運転に立ち会う瞬間には、日々の業務の意義を実感。私がはじめて手がけたのは、一番小さいクラス、約3万8千トンの貨物船のエンジンでした。それでも3階建てのビルほどのサイズ! その大きさを目の当たりにしたときは、ちゃんと動くだろうか…と不安に駆られましたが、無事にエンジンがうねりを上げたときは、それまでの苦労が報われると同時にとても感動しました。

船が完成するまでの間だけでなく
運航する勇姿を見守れるのも大きな喜び。

この仕事の魅力は、船が完成するまでの技術的な関わりだけでなく、完成後も運航チームのもとで活躍するその勇姿を見守ることができること。それは、私にとって大きな喜びです。
近年は海運業界でもCO2、NOx、SOx等の排出量を減らすためのルールが厳しくなり、船を建造する際にはさまざまな技術が取り込まれています。
私の目標は、川崎汽船の船にいち早く優れた新技術を導入し、効果を実証することです。もちろん、理想だけでは新しい技術の導入はできません。実用化に向けては徹底した安全性と信頼性、コスト面も重要な課題となっています。これらのハードルを乗り越えながら、より高いレベルで検討を重ねることが大切です。これからも私自身が驚きと感動を忘れないように、常に新しい知識や技術を取り入れながら、優れた船の建造に力を尽くしていきたいと思っています。

一日のスケジュール

06:00

6:30 起床。目をこすりながらシャワーへ。

07:00

バタバタと身支度を済ませ出発。
田園都市線に乗車。隙間を見つけて滑り込む。

08:00

8:30 出社。少し早く来た時間で事務作業。
その後、造船所やメーカーにメール回答&電話で問い合わせ。
分からないことは電話で聞くのが一番。

11:00

今日は週1回の英語研修。先生とマンツーマンでENGLISH。

12:00

チーム員とランチ。牛タン希望。

13:00

メーカー新製品のプレゼン。毎日が勉強会。

15:00

内容を忘れないうちに議事録を作成し提出。

16:00

造船所やメーカーにメール回答&電話で問い合わせ。

17:00

新しく届いた担当船の図面をチェック。KLINE仕様に変更。

18:00

18:30 退社。今日は月一回のフットサル@日比谷。汗を流してスッキリ帰宅。

就職活動のアドバイス

固定観念に縛られることなく、さまざまな企業の説明会に参加してみてください。幅広く出会いを重ねていけば、きっと自分が好きなこと、やりたいことが見えてきます。会社選びにはたくさんの要素があると思いますが、やりたいことをできる会社を素直に選べば間違いないと思います。

先輩社員をもっと見る