職種紹介

当社の職種は大きく2種類に分かれます。

実際に船の上で仕事をする社員を「海上職」と呼び、普段は船に乗らず、オフィスワークを中心にビジネスを回す事務系社員を「陸上職」と言います。特にジョブローテーションや転勤を通して、多くの職種や部署を担当することから、「陸上総合職」と呼んでいます。

陸上総合職

海運ビジネスを回す主な職種は「営業」「船腹調達」「運行管理」の3種類。この3種類に加えて、環境対策/安全対策などを専門に行う部署/職種や、会社の事業活動を円滑に回すための「管理部門」の職種もあります。

・営業(Sales)顧客の窓口となり、輸送需要のヒアリングや運賃交渉、運航情報の共有などカスタマーサービスを行います。顧客との折衝や新規需要の追求のためマーケット調査も欠かせません。

 

・船腹調達(Chartaring)貨物を輸送するための「船」を手配します。船の持ち主である船主から船を借りてきます。顧客のニーズに合わせて新しく船を造る場合は、「技術部門」を通じて、造船所に船を発注します。

 

・運航管理(Operation)実際に貨物を輸送する際に、船上の船長に運行ルートやスピードなどの航海指示を出します。天候や海賊情報を共有し安全な運航をサポートする事も重要な使命です。

 

(管理部門)人事・総務・経理・法務や経営企画など会社経営を担う部署/職種

海上職

実際に現場で船舶を運航する海上職は「航海士」「機関士」の2種類に分けられます。

また船に乗って仕事を行う「海上勤務」だけでなく、そこで培った経験を活かして「陸上総合職」への技術的支援や海技者の人材育成などを行う「陸上勤務」も交互に行います。

 

現場で培った経験や技術を陸上にフィードバックすることにより、高い運航品質の維持に寄与します。

・航海士(Deck Officer):海上勤務中は船を運転する「航海当直」と、貨物を管理する「荷役業務」を行います。運ぶ貨物も向かう港も船舶によって様々なので、幅広い知識・経験・技術が培われます。陸上勤務中は運行管理や、現場での荷役業務の経験を活かした営業サポートなどを行います。

・機関士(Engineer):海上勤務中は船上にある全ての機械の管理を行います。それらの運転、性能評価、異常発見、整備を行うことで、機械を最良な状態に保ち、安全運航・経済運航に寄与するのが主な仕事です。陸上勤務中は船舶管理や新造船建造計画、新技術開発に携わります。

海上職の仕事紹介動画

【機関士パンフレット】

Challenge to the Ocean

as a Marine Engineer

航海士パンフレット

I WANT YOU FOR “K” LINE