• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 豪州イクシスLNGプロジェクト向けLNG船を“PACIFIC BREEZE”と命名

2017年09月01日
川崎汽船株式会社

豪州イクシスLNGプロジェクト向けLNG船を“PACIFIC BREEZE”と命名

  本日、オーストラリアのイクシスLNGプロジェクト(*1)向け新造LNG船の命名式が川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)・坂出工場にて執り行われました。

  同船は多くの関係者が見守る中、「太平洋を渡るそよかぜ」という意味がこもった「PACIFIC BREEZE(パシフィック・ブリーズ)」と命名されました。

  本船は、同プロジェクトのオペレーターである国際石油開発帝石株式会社(以下、INPEX)子会社とTOTAL S.A. (*2)の共同出資会社であるIT Marine Transport Pte. Ltd.と、当社子会社であるPacific Breeze LNG Transport S.A.間の定期傭船契約(*3)に投入され、主に液化基地であるダーウィン基地から同プロジェクトがLNG売買契約を締結している台湾中油(CPC Corporation, Taiwan)に向けたLNG輸送に従事します。

  本船は、川崎重工が新たに開発した世界最大級のモス型LNG船であり、モス型LNG船としては世界で初めてTFDエンジン(*4)を採用し、優れた燃費性能により環境保全に配慮した輸送が可能です。

  当社は、中期経営計画『「飛躍への再生」 Value for our Next Century』で掲げる安定収益型事業の強化・拡大に向けて、1983年に就航した日本船社初のLNG船「尾州丸」以来蓄積した30年以上のノウハウとネットワークを生かし、拡大を見せるLNGトレードとともに変化する顧客ニーズに的確に対応し、更なるLNG輸送事業の拡大に取り組みます。

(*1) イクシスLNGプロジェクト: INPEXが日本企業初の大型LNGプロジェクトの操業主体(オペレーター)として推進するオーストラリアのLNG生産プロジェクト
(*2) TOTAL S.A. (トタール): フランスの石油・天然ガスメジャー
(*3) 本船の定期傭船契約・造船契約締結: 2013年6月5日付のプレスリリースをご参照ください(http://www.kline.co.jp/news/detail/1197570_1454.html
(*4) TFDエンジン: Tri-Fuel Dieselの略で、重油のほか、硫黄酸化物(SOx)など大気汚染物質の排出が少ない軽油および気化ガスの三種類の燃料を利用可能なディーゼルエンジン

[主要目]

船主 Pacific Breeze LNG Transport S.A.
傭船者 IT Marine Transport Pte. Ltd.
建造造船所 川崎重工業株式会社 坂出工場
全長 約 289.3m
型幅 約52.0m
タンク形式・タンク容積 モス型 約182,000m3
推進機関 TFD (Tri-Fuel Diesel)電気推進機関

 
命名式の様子

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ