• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > CDPによる「サプライチェーン・プログラム 気候変動部門」で最高評価を獲得

2017年02月15日
川崎汽船株式会社

CDPによる「サプライチェーン・プログラム 気候変動部門」で最高評価を獲得

  当社は、CDP(注1)が実施した「サプライチェーン・プログラム 気候変動部門」において環境保全の取り組みが認められ、最高ランクのA評価を獲得しました。また、その中でも特に優秀な企業として「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」に選定されました。

  CDPからは昨年10月、「気候変動への対応に関する調査2016」においてAリストの最高評価を得ており(注2)、これに続く高評価の獲得となります。

  「サプライチェーン・プログラム 気候変動部門」は、サプライチェーンマネジメントを促進するために2009年から実施されているもので、企業が自身のサプライヤーに対する「気候変動」に関する調査をCDPに委託し評価するものです。

  CDPは、世界4,300社以上のサプライヤーからの回答を分析・評価し、110社を最高ランクのA評価企業として発表するとともに、特にサプライチェーンでの気候変動への取り組みに対する評価が高い29社(うち日本企業7社)を「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」として公表しました。当社は、そのいずれにも選定されました。
 


   今後も当社は世界トップクラスの海運事業者として、世界中のより多くの人々が、より環境に低負荷で高効率な海運のメリットを享受できる事業の実現を目指してまいります。

  (注1)CDP
  企業の環境保全の取り組みを調査・評価・開示する国際非営利団体(NPO)で、評価の結果は、企業価値を測る世界共通の指標として開示されています。

  (注2)詳細は以下のリンクからご参照ください。

http://www.kline.co.jp/news/detail/1205984_1454.html


以上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ