FPSOについて

FPSO (Floating Production Storage and Offloading System)は、洋上で原油・ガスを生産し、生産した原油をタンクに貯蔵し、直接タンカーへの積み出しを行い、生産したガスをFPSO自体のガスタービン発電プラントの燃料として使用または、パイプラインを通して陸上へ輸送する設備です。今後堅調な増加が予想される大水深での石油・ガス生産の主要インフラとして、FPSOの需要拡大が見込まれています。

FPSOの仕組み

海底油井から生産されるHydrocarbon(油・水・ガスの混合物)を海底パイプライン、フレキシブルライザーなどを介し洋上のFPSOに輸送

輸送されたHydrocarbonは、FPSOの生産設備で、原油・ガス・水に分離

分離処理された原油は、貯油タンクに貯蔵され、シャトルタンカーに積出

 

分離されたガスは、FPSOのガスタービン発電プラントの燃料として使用または、パイプラインを通して陸上へ輸送

 

ガーナ沖油ガス田向けFPSO保有・傭船事業

本案件の概要

2017年11月、当社、住友商事株式会社、日揮株式会社、株式会社日本政策投資銀行の4社は、マレーシアの海洋サービス事業者であるインソン社(Yinson Holdings Berhad)が手掛ける浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)の保有・傭船事業への参画に関する契約を締結しました。本事業は石油の安定供給、およびガーナ国内への天然ガスの安定供給に貢献し、ガーナにおける天然ガス・電力不足の解決に寄与していくことが期待されています。

事業概要

FPSOの名称

John Agyekum Kufuor

原油生産能力

58,000バレル/日

ガス生産能力

210百万立方フィート/日

原油貯蔵能力

1.4百万バレル

係留方式

スプレッド・ムアリング(水深約500~1,000メートル)
※複数の係留索で船体を固定する多点係留方式。

出資比率

インソングループ74パーセント、共同4社26パーセント

傭船期間

2017年6月~15年間

“K” LINEグループとしての本案件の位置付け

“K” LINEにとっては初のFPSO保有・傭船事業である本案件は、2017年4月に発表した中期経営計画における「当社技術力・ノウハウを生かした優良パートナーとの協業によるエネルギーバリューチェーン事業への取り組み」および「安定収益の積み増し」という戦略方針に合致した案件と位置付けています。

ガーナ沖油ガス田向けFPSO/ John Agyekum Kufuor
拡大
ガーナ沖油ガス田向けFPSO/ John Agyekum Kufuor