• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 企業情報 > 新規事業への取り組み

新規事業への取り組み


進化を続けるチャレンジ精神!

世界経済とともに歩み成長する海運業界にあって、“K” Lineが常にこだわり続けた独自戦略とチャレンジ精神。“K” Lineの歴史は、開拓と創造の歴史です。1970年日本初の自動車専用船竣工に始まり、1983年に日本籍初のLNG船を就航、1986年の日本船社初の北米でのコンテナ2段積列車ダブル・スタック・トレイン(DST)サービス開始、1994年電力炭輸送に新たな輸送モデルをもたらしたコロナ型石炭船竣工と、当社は顧客のニーズに応えるために様々な船型、サービスを開拓してきました。

  • 1970年:日本船社初の自動車専用船

    1970年
    日本船社初の自動車専用船
    (PCC:Pure Car Carrier)
    ”第十とよた丸”竣工。

  • 1983年
    当社管理運航船の”尾州丸”が日本籍初のLNG船として就航。

  • 1986年
    北米大陸において、日本初のコンテナ2段積列車ダブル・スタック・トレイン(DST:Double Stack Train)を導入。

  • 1994年
    効率的な荷役が可能な幅広浅喫水船型の”CORONA ACE”竣工。
    電力炭輸送の基本船型となる。

“K” Lineグループは、海運業を中核とする海運企業グループとして、安全運航と環境保全に努め、お客さまのニーズに全力で応え、サービス品質の向上を通じ、世界の人々の豊かな生活の実現に貢献することを事業ミッションとします。

さらに未来に向けて、3つのビジョンを掲げ躍進して参ります。

  • 世界中の顧客から信頼、支持され、グローバルに成長を続ける企業グループ
  • いかなる環境変化にも対応できる事業基盤の確立とグローバル市場で勝ち残るために変革を実践し続ける企業グループ
  • 従業員の一人ひとりがいきいきと希望に満ち、創造性とチャレンジ精神を発揮できる企業グループ

これからも時代の動きを敏感にとらえ、積極的かつ機敏な事業活動によって時代を切り開いていきます。

新規事業
  • ドリルシップ
    ドリルシップ

    大水深鉱区掘削船(ドリルシップ)の
    傭船サービス事業に参画

  • オフショア支援船
    オフショア支援船

    K Line Offshore AS (KOAS) を設立しオフショア支援船事業に参入

  • 重量物船
    重量物船

    エネルギー資源開発で需要の高まる
    重量物の海上輸送分野へ対応

  • CNG輸送船
    CNG輸送船

    CNGの海上輸送の実用化に向けた
    取組み

このページの先頭へ