PCサイト

2017年07月07日

アストモスエネルギー株式会社向け新造大型LPG船(VLGC) ”CRYSTAL RIVER” と命名

   7月6日(木)、アストモスエネルギー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:増田宰氏)向けの当社新造大型LPG船の命名式が、川崎重工業株式会社・坂出工場にて執り行われました。
   同船は、多くの関係者の見守る中、傭船者であるアストモスエネルギー株式会社代表取締役 社長の増田宰氏により、「CRYSTAL RIVER (クリスタル・リバー)」と命名されました。
   「クリスタル」は「結晶」「輝き」という意味を有しており、LPG輸送船として第一線で活躍していくことへの想いの「結晶」として、また世界のLPG輸送に「輝き」続けながら従事していくことを願って命名されました。同船は7月14日(金)の竣工を予定しています。
   本船はアストモスエネルギー株式会社と当社との直接契約第一船という記念すべき船であり、拡大するLPG輸送ニーズに応え、世界各地を航海するとともに、当社の安定収益に貢献して参ります。

【本船要目】
 全長         229.90 m         貨物タンク容積      82,200㎥
 型幅          37.20 m          総トン数               46,793 tons
 型深          21.00 m          船籍                   パナマ共和国
 満載喫水   11.20 m           船級                   ABS