PCサイト

2016年10月17日

小学生らが地元で船や研修所を見学 ~川崎汽船 夏以降の見学会~

    川崎汽船では、本年7月から10月にかけて国内7ヶ所で見学会を実施し、地元の小学生を中心に500名近くの方々に船や研修所を見学していただきました。

    この活動は、未来を担う子どもたちに海運や船員の仕事を知ってもらうとともに、船の寄港や研修活動で当社が日ごろお世話になっている地域への貢献を目的としたものです。船の見学会では、同時に荷主企業の施設や貨物、造船所の見学も行ない、地元の産業に親しみを持つとともに、海運とのつながりにも理解を深めていただけたものと思います。

    川崎汽船では、今後もこのような機会を通じて、海運をはじめとする物流事業への理解を深めるとともに、地域社会に向けた活動を進めてまいります。

  開催日

  見学対象 

  開催地 

 見学者


    7月5日 

     新造LNG船、造船所

    香川県坂出市 

    小学生41名、教師ら5名 

 (注1)

    7月19日

    自動車専用船、輸入車整備施設 

     愛知県豊橋市 

     小学生39名、教師ら6名 

 (注1)

    7月22日

     コンテナ船、コンテナターミナル

    兵庫県神戸市

    小学生40名、教師ら4名 

 (注1)

    8月18日 

     自動車専用船、鉄道車両積込み 

     山口県下松市 

    小学生・幼児50名、保護者ら34名

 (注2)

    9月20/23日 

     川崎汽船町田研修所 

     東京都町田市 

     小学生126名、シニアクラブ17名


    9月29日 

    石炭専用船、火力発電所 

     京都府舞鶴市

    小学生31名、教師3名

 (注1)

    10月1日 

   新造自動車専用船、造船所 

     愛媛県今治市 

    小学生51名、保護者48名

 (注3)

    注1 「海と日本プロジェクト」(主催: 内閣官房海洋政策本部、国土交通省、日本財団)の一環である「船ってサイコ~2016」(主催: 一般社団法人日本船主協会)の行事として開催

    注2 くだまつ観光・産業交流センターが主催

    注3 一般社団法人日本中小型造船工業会が主催


    各船の見学会では、荷主企業や造船所、船主、地元自治体などの後援やご協力をいただきました。