PCサイト

2016年03月08日

アジア-インド西岸サービス(INDFEX-1,CIX-2)改編の件

川崎汽船は、アジア-インド西岸サービス(INDFEX-1,CIX-2)の改編を実施致します。
本改編によるピパバブ港(INDFEX-1) および ムンドラ港(CIX-2)の追加寄港により、インド西岸向けサービスネットワークをさらに拡充し多様化するお客様の輸送需要に応えます。

改編後の各サービス内容は以下のとおりです。

【INDFEX-1】
     >投入船型 : 4200TEU型 6隻
     >寄港地    : 上海 – 寧波 – 香港 – シンガポール – ポートケラン – ナバシェバ – ピパバブ
                     – コロンボ – ポートケラン – シンガポール – 上海
     >航海頻度 : 週1便
     >開始日    : 2016年2月19日 上海入港

【CIX-2】
     >投入船型 : 5600TEU型 6隻
     >寄港地    : 天津 – 青島 – シンガポール – ポートケラン – ナバシェバ – ムンドラ
                    – コロンボ – ポートケラン – タンジュンペレパス – シンガポール – 天津
     >航海頻度 : 週1便
     >開始日   : 2016年3月13日 天津入港