PCサイト

2015年05月12日

三井物産向け新造LNG船 長期定期傭船契約締結

   当社はこの度、三井物産株式会社(以下「三井物産」、本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫)、今治造船株式会社(以下「今治造船」、本社:愛媛県今治市、社長:檜垣幸人)と共同で、三井物産が進める米国Cameron LNG輸出プロジェクト(以下、「本プロジェクト」)向けに、新造液化天然ガス(以下「LNG」)船1隻(以下「本船」)を投入する長期定期傭船契約を締結致しました。

  三井物産は米国子会社を通じ本プロジェクトに出資参画しており、生産されたLNGを引き取ることになっております。

  今治造船で建造される本船は、環境への負荷が少ない低速ガス焚きディーゼル機関(ME-GI機関)を搭載することになります。
   当社は、LNG船事業での30年以上のノウハウとネットワークを活かし、本年3月に発表した新中期経営計画『 Value for our Next Century 』で掲げる持続的成長と企業価値の向上に取組んで参ります。

〔契約概要〕

  契約締結日

  2015年5月11日

  傭船者

  三井物産

  船主

   Trinity LNG Transport S.A. (当社、三井物産、今治造船の共同出資会社)

  傭船期間

  最大25年

  本船

  178,000m3メンブレン型LNG船

  推進機関

  低速ガス焚きディーゼル機関 (ME-GI)

  建造造船所

  今治造船

  竣工年

  2020年を予定

  船舶管理会社

  "K" Line LNG Shipping (UK) Limitedを予定