• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 事業紹介 > ターミナル事業 > ターミナルオペレーションの紹介

ターミナル事業

“K” Lineはコンテナ輸送における海陸の接点となるコンテナターミナルを国内外で運営しています。
それらのターミナルでは情報システムなどを駆使し、ターミナル作業の自動化など、効率的なオペレーションが行われており、高品質な顧客サービスの提供に向け、日々、整備拡充に努めています。

ターミナルオペレーションの紹介

 世界中を駆け巡る膨大な数のコンテナをスムーズでより効率的に荷役・保管する重要な役割を担っているのがターミナルオペレーションです。ターミナルでの荷物の流れは、大きく分けて輸出と輸入の2種類に分けられます。

輸出コンテナの流れ

 船で荷物を運ぶには、まずメーカーなどの荷主が船を運航する船会社へ船積み予約をします。すると、ターミナルでは空のコンテナが用意され、荷主はそれをピックアップします。工場や倉庫で荷物をコンテナへ積み込むと、コンテナをターミナルへ搬入します。はじめにインゲートを通り、ヤード内の指定された場所まで運びます。指定場所へ到着するとトランスファークレーンでトレーラーからコンテナを降ろし、ヤードへ一時保管します。
 一旦ヤードに保管された後、船が入港したときに再度トランスファークレーンやトレーラーで岸壁まで運び出し、ガントリークレーンで船へ荷役します。そのため、輸出されるコンテナはできるだけ船に近い岸壁側へ保管、逆に輸入されるコンテナはトレーラーで引取り易いようにゲート近くに保管されます。また、空のコンテナはその中間に保管します。

輸入コンテナの流れ

 日本へ輸入されるコンテナは、輸出の場合と逆の順路で船から降ろされ、ヤードへ一時保管されます。荷主がコンテナを取りに来ると、インゲートでコンテナの蔵置場所を確認して、その保管場所へ向かいます。輸出の場合と同様にトランスファークレーンでコンテナをトレーラーに積み込み、最後にアウトゲートでコンテナに破損等がないか最終確認を行えば、引き取り完了です。
 “K” Lineのターミナルでは、日々このようなオペレーションを1つ1つのコンテナに対して丁寧かつ確実に行いながら、お客様の荷物を取り扱っています。

ターミナル

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ