• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 事業紹介 > ターミナル事業 > 荷役機器の紹介

ターミナル事業

“K” Lineはコンテナ輸送における海陸の接点となるコンテナターミナルを国内外で運営しています。
それらのターミナルでは情報システムなどを駆使し、ターミナル作業の自動化など、効率的なオペレーションが行われており、高品質な顧客サービスの提供に向け、日々、整備拡充に努めています。

荷役機器の紹介

ガントリークレーン(Gantry Crane)

 港の岸壁に設置されている本船荷役専用の大型機械で、コンテナなどの貨物の積み卸しを行うクレーンです。

ガントリークレーン
トランスファークレーン
トランスファークレーン(Transfer Crane)

 コンテナヤード内での蔵置作業専用の荷役機械で、トレーラーとの貨物の受け渡しを行う際に使用する門型の自走式クレーンです。

トップリフター(Top Lifter)

 コンテナの積み降ろしや移動する際に使用する自走式車両です。フォークリフトとは異なり、上からコンテナに爪を引っ掛けて持ち上げる仕組みになっています。

トップリフター

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ