• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 事業紹介 > コンテナ船 > 定時到着遵守率

コンテナ船

“K” Lineのコンテナ船サービスは、
世界各国に張り巡らされた航路網により安定した確実なサービスを展開しており、
トレードの環境変化にも即応し、国際競争力を強化しています。

定時到着遵守率

"K"Line コンテナサービス定時到着遵守率

2017年10月


当社全サービス

往復航平均

2016

2017

航  路

1‐3月

4-6月

7-9月

10-12月

1‐3月

4-6月

7-9月

10-12月

アジア-北米西岸

77.9%

85.9%

90.2%

83.0%

74.5%

76.5%

74.6%

 

アジア‐北米東岸

74.7%

77.3%

91.3%

80.5%

77.0%

57.9%

67.4%

 

アジア‐欧州

74.3%

86.5%

88.9%

83.2%

80.5%

80.3%

58.7%

 

アジア-地中海

82.8%

83.7%

85.7%

86.1%

83.1%

72.7%

60.7%

 

アジア域内

74.2%

67.1%

84.5%

71.4%

81.3%

73.8%

70.1%

 

 

当社運航船のみ

往復航平均

2016

2017

航  路

1‐3月

4-6月

7-9月

10-12月

1‐3月

4-6月

7-9月

10-12月

アジア-北米西岸

72.3%

83.5%

95.0%

75.3%

71.4%

72.4%

67.5%

 

アジア‐北米東岸

70.0%

69.2%

88.2%

66.6%

45.4%

62.5%

36.3%

 

アジア‐欧州

64.3%

83.3%

100.0%

76.9%

84.6%

25.0%

100.0%

 

アジア-地中海

100.0%

100.0%

50.0%

83.3%

33.3%

75.0%

80.0%

 

アジア域内

77.2%

70.6%

74.6%

68.5%

82.4%

72.8%

75.9%

 

 

<算出方法>

- 対象期間:毎四半期
- 対象航路:アジア-北米西岸 、アジア-北米東岸 、アジア-欧州 、アジア-地中海 、アジア域内の各航路
- 対象港:アジア発往航については目的地で最初に寄港する港、復航においてはアジア側での折り返し港
- 定時到着:公表スケジュールから24時間以内の着岸を定時到着とする
- 定時到着遵守率:定時到着回数/全航海数

<概略>
北米西岸航路は、華東での濃霧による船混みの影響を受けました。 9月には台風によりアジア港でスケジュール遅延の影響を受けました。
北米東岸航路は、華東での濃霧による船混みの影響を受けました。9月には台風の影響による寧波での港封鎖に加え、サバンナ港ではハリケーンによる港封鎖の影響を受けました。
欧州・地中海航路では、ジェッダ港でのクレーン稼動力不足による混雑、華東では濃霧による船混みの影響を受けました。釜山港では、台風による港封鎖の影響で前期より悪化しました。
アジア域内航路は、中国港にて濃霧並びに台風による船混みの影響を受けました。神戸港では台風による港封鎖の影響を受けました。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ