• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > “K” LINE広場 > もっと知りたい!川崎汽船 > わたしたちの船 > LNG船

わたしたちの船

LNG船

 天然ガスはクリーンエネルギーとして世界でますます需要が高まっています。LNG船はマイナス161.5度で液化した天然ガスを専門に輸送する船舶です。

 LNG船はその船体構造と高度な輸送技術から非常に高価なハイテク船となっており、通常は売主、買主、船社などからなる特定のプロジェクトに応じて建造され、そのプロジェクト専用の船舶として運航しています。

TANGGUH FOJA

TANGGUH FOJA 主要目
竣工 2008年11月25日
総トン数 97,897T
載貨重量 82,338MT
全長 285.1M
全幅 43.4M
満載喫水 12.1M
航海速力 19.5Knots
貨物 LNG
その他 本船はインドネシアのタングープロジェクト向け3隻のうちの第1番船。最新鋭の推進システムであるDFDEエンジンを搭乗しており、燃料の向上と共に環境負荷の低減を実現、新世代のLNG船として注目されています。
タングープロジェクト インドネシア第3の大型LNGプロジェクトであり、液化基地があるタングーから主に中国、韓国及び日本向けに20年間にわたり年間760万トン輸送するプロジェクトです。

このページの先頭へ