• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 豪州イクシスLNGプロジェクト向けLNG船を“OCEANIC BREEZE”と命名

2017年10月24日
川崎汽船株式会社

豪州イクシスLNGプロジェクト向けLNG船を“OCEANIC BREEZE”と命名

   本日、豪州のイクシスLNGプロジェクト(*1)向け新造LNG船の命名式が三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)・長崎造船所 本工場にて執り行われました。

  同船は多くの関係者が見守る中、同プロジェクトのオペレーターである国際石油開発帝石株式会社(以下、INPEX)代表取締役社長北村俊昭様により「大海原を渡るそよかぜ」という意味がこもった「OCEANIC BREEZE(オセアニック・ブリーズ)」と命名されました。 

   当社とINPEX子会社の共同出資会社であるOceanic Breeze LNG Transport S.A.が保有する本船は、INPEXの子会社との間の定期傭船契約(*2)に投入され、主に液化基地がある豪州ダーウィンからINPEXの直江津LNG基地(新潟県上越市)へ、INPEXが引き取る年間約90万トンのLNG輸送に従事します。
  本船は、三菱重工が開発した、船体とタンクカバーが一体構造となった「さやえんどう」船型を採用しており、船体軽量化と風圧抵抗軽減を図ることによって燃費性能向上を実現しました。
   当社は、中期経営計画「『飛躍への再生』  Value for our Next Century」で掲げる安定収益型事業の強化・拡大に向けて、1983年に就航した日本船社初のLNG船「尾州丸」以来蓄積した30年以上のノウハウとネットワークを生かし、拡大を見せるLNGトレードとともに変化する顧客ニーズに的確に対応し、更なるLNG輸送事業の拡大に取り組みます。
(*1) イクシスLNGプロジェクト: INPEXが日本企業初の大型LNGプロジェクトの操業主体(オペレーター)として
        推進する豪州のLNG生産プロジェクト
(*2)  本船の定期傭船契約・造船契約締結: 2013年6月5日付のプレスリリースをご参照ください                  (http://www.kline.co.jp/news/detail/1197570_1454.html

[主要目]

  船主

   Oceanic Breeze LNG Transport S.A.

  傭船者

    INPEX SHIPPING CO., LTD.

  建造造船所 

    三菱重工業株式会社 長崎造船所

  全長 

   約 288m

  型幅 

    約49m

  タンク形式・タンク容積

    モス型 約155,300m3

  推進機関

    再熱式蒸気タービン



命名式の様子



PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ