• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > インドPetronet LNG社向け新造LNG船「PRACHI」が竣工

2016年12月02日
川崎汽船株式会社
日本郵船株式会社
株式会社商船三井
The Shipping Corporation of India Ltd.

インドPetronet LNG社向け新造LNG船「PRACHI」が竣工

   川崎汽船㈱・日本郵船㈱・㈱商船三井およびThe Shipping Corporation of India Ltd.(以下“SCI”、本社:インド・ムンバイ)のコンソーシアムにて共同保有するLNG船「PRACHI」が2016年11月30日、韓国で竣工しました。

   本船は、Petronet LNG Limited(以下“PLL“ 本社:インド・ニューデリー)との間で締結した長期定期傭船契約に基づいて現代重工業(本社:韓国・ウルサン)へ発注した173,000 m3型新造LNG船で、同年10月18日にウルサンにて命名式が行われました。

   PLLはインドで初めてLNGを輸入した会社であり、現在カタールから年間約750万トンを合計3隻のLNG船で輸入しています。今回竣工した4番船である「PRACHI」は、新たに豪州Gorgon LNG Projectからインド向けのLNG輸送に投入されます。

   当コンソーシアムは、最新鋭のLNG船で安全輸送を提供し、今後LNG需要がますます拡大するインドへの安定的なエネルギー供給に貢献していきます。

【本船概要】

    (1)全長  :294.97メートル
    (2)全幅  :45.60メートル
    (3)夏期満載喫水   :12.50メートル
    (4)総トン数
 :112,791トン
    (5)載貨重量トン数
 :90,328トン
    (6)造船所 
 :現代重工業
    (7)船籍   :シンガポール


【契約概要】

    傭船者
 Petronet LNG Limited
    船主
川崎汽船・日本郵船・商船三井及びSCIが共同出資する船舶保有会社 (「India LNG Transport Company (No.4) Private Limited」/本社:シンガポール)
    傭船期間
19年間
    投入船
173,000m3メンブレン型 新造LNG船1隻
    造船所 
現代重工業
    船舶管理 
The Shipping Corporation of India Ltd.






PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ