• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 船員研修施設 ”K” Line Maritime Academy (Philippines) を拡充

2016年07月11日
川崎汽船株式会社

船員研修施設 ”K” Line Maritime Academy (Philippines) を拡充

  当社では、事業基盤である「船舶の安全運航と環境保全」を支えるための大きな柱の一つとして、安定的な海事技術者の確保と育成を目的に“K” Line Maritime Academy(KLMA)構想の下、諸施策を講じております。
  今般、更なる教育・訓練の強化と充実を目指して、その中核研修施設である 「“K” Line Maritime Academy(Philippines)」(フィリピン共和国パサイ市)の拡張工事 「”K” Line Building Phase-2 Project」を行います。

  「”K” Line Building Phase-2 Project」は、既存の研修施設の隣接地に宿泊施設(225名収容)や最新の医療機器を備えたクリニックなどを含む11階建ての新ビルを建設するとともに、既存ビルの研修施設や設備の拡張・改修工事も合わせて行うプロジェクトです。
本プロジェクトにより、当社運航船に乗組むフィリピン人船員はじめ各国の船員に対してより高品質の研修や訓練の提供を可能とし、更なる安全運航体制の強化を図ります。

  工事の着工に先立ち、2016年7月1日、パサイ市長をはじめ船員教育機関関係者、業界関係者など多くの参列者の中、当該プロジェクトの地鎮祭を執り行いました。新ビルの竣工は2018年1月を予定しています。

  当社ではKLMA構想を着実に推進することで優秀な船員を確保・育成し、より高品質で安全な海上輸送サービスの提供を行なってまいります。


完成予想図(中央が新ビル)                              地鎮祭の様子


PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ