• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 川崎汽船、 気候変動情報開示・パフォーマンス先進企業としてCDPから初選定

2014年10月15日
川崎汽船株式会社

川崎汽船、 気候変動情報開示・パフォーマンス先進企業としてCDPから初選定

  当社は、温室効果ガス(GHG)の削減と気候変動リスクの緩和に対する活動、およびその情報開示についてCDP(注1)から高く評価され、本日開催されたCDP報告会において、CDPジャパン500クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)とクライメート・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス2014(CPLI)双方に選定されました。

   クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)
調査対象となった日本企業500社のうちの回答企業上位10%に入り、気候変動に関する情報を確実に開示し、高い透明性をもって提供している優れた企業としてCDLIに認められました。

  クライメート・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス(CPLI)
  世界約2,000社の上場企業から開示された情報は、世界的に認知されたCDPのスコアリング方法によって評価・順位づけされます。当社は、その気候変動緩和に対する活動に対しパフォーマンス評価で上位187社に入り、CPLIに選定されました。

   運航船の燃費削減や省エネ最新鋭船の建造、環境データの信頼性・透明性を高めるために取得した第三者検証等、気候変動問題への対応を企業責務としてとらえ、エネルギー効率に優れた物流インフラを構築するべく取り組んできた当社の姿勢が実を結ぶ形となりました。

  当社は、これからも環境保全の優良企業として、社会の持続的な発展に貢献して参ります。

   (注1) CDP
   CDPは、企業や都市の重要な環境情報を測定、開示、管理し、共有するための唯一のグローバルなシステムを提供する国際的な非営利団体です。CDPは、企業が環境や天然資源に及ぼす影響を開示するように、またその影響を軽減する対策を取るように、合計92兆米ドルの資産を持つ767の機関投資家を含む市場経済とともに働きかけています。


       

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ