• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > フィリピン提携商船大学の「“K”ラインクラス」第一期生が卒業

2012年05月08日
川崎汽船株式会社

フィリピン提携商船大学の「“K”ラインクラス」第一期生が卒業

  4月11日に当社の提携商船大学であるクリスタルeカレッジの「“K”ラインクラス」第一期生23名がシニア職員候補生として卒業しました。

  卒業式には当社専務執行役員の佐々木真己、船舶管理会社太洋日本汽船の中西眞誠常務取締役、ケイライン シップマネージメントの久保島暁社長のほかグループ会社関係者や大学関係者など多数が参加しました。

 

  

  このプロジェクトでは高校卒業見込みの者に対しグループ独自の選抜試験を実施し優秀な学生を集め、3年間の講義と1年間の乗船実習を行います。講義では同大学のカリキュラムに加え“K”ライングループ独自の高度な講義を実施し、乗船実習では当社グループ管理会社の船舶で当社独自のキャデットトレーニングプログラムをおこなう事で質の高い職員候補生の育成を目指しています。

  卒業した第一期生は海技免状を取得後、当社マニラ研修センターであるケイライン・マリタイム・アカデミー(フィリピン)で乗船前の導入研修などを受講し、グループ管理会社の管理船舶に順次職員候補生として乗船し1年後には、船舶職員として実際に運航に携わる事となります。

  信頼できる職員の確保が安全運航の最重要課題のひとつとなっており、今後も優秀な船員の確保育成に積極的に取り組んでいく所存です。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ