• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 東南豪州航路サービス再編の件

2002年03月26日
川崎汽船株式会社

東南豪州航路サービス再編の件

 川崎汽船株式会社、株式会社商船三井、日本郵船株式会社、P&O Swire Containers, Ltd. の4社は、顧客ニーズへの対応の更なる向上と航路運営効率化をねらい、東南豪州航路について下記のとおりサービスの再編を行いますのでお知らせします。 なお、COSCO Container Lines, Ltd.(COSCON)が新サービスの一部スペースを利用し、同社配船の中国-東南豪州サービスのスペースを4社に提供を行うことも新たに合意しました。



サービス概要:

4社のコンソーシアムは今後物の伸びが期待される、台湾、香港に追加寄港し、定曜日サービスを行います。新サービスの開始は6月後半でスケジュール詳細は最終調整を行っており、決定次第ご案内します。

4社コンソーシアム運航ローテーション

横浜-大阪-名古屋-Pusan-Keelung-Hong Kong-Sydney-Melbourne-Brisbane-横浜

COSCON運航 ローテーション

Shanghai -Huangpu -Hong Kong-Sydney-Melbourne-Brisbane-Hong Kong-Shanghai

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ