• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 海上コンテナへの貨物積付けプラン作成システム「VAN-PRO」開発について

2002年08月21日
川崎汽船株式会社

海上コンテナへの貨物積付けプラン作成システム「VAN-PRO」開発について

 当社はこのたび、貨物を安全かつ効率良く海上コンテナに積み付けるプランを作成するシステム「VAN-PRO」を開発しました。このシステムは、当社が永年に亙って築き上げてきた海上コンテナへの貨物積付けに関するノウハウを結集し、最適な積付けプランを容易に作成できるようにしたものです。現在、特許出願中です。

 顧客サービス向上と業務合理化のために、このシステムを当社やグループ会社、現地法人、代理店などで広く活用する予定です。また、「VAN-PRO」は一般ユーザーの要求にも応えられる仕様としており、外部への販売も行います。

 「VAN-PRO」はMicrosoftR WindowsR operating system対応とし、汎用性の高いシステムとしました。貨物のサイズ(縦・横・高さ)、重量、梱包形態、個数などのデータを入力することで、最適な積付けプランを自動計算で作成します。また、手動での作成や修正も可能です。「VAN-PRO」の主な機能は以下の通りです。

  • 積付け結果は、二次元や三次元で表示可能。手動での積付け作業や修正時に、画面上での確認が容易。
  • 積付けデータは、「VAN-PRO」をインストールしたPC間でのeメールでの送受信が可能。
  • CLPの作成が可能で、表計算ソフトに出力される。
  • ドライ・コンテナのみならず、フラットラック・コンテナやオープントップ・コンテナ等の特殊コンテナの積付け計算も可能。
  • 入力した貨物のサイズや重量より、フラットラック・コンテナやオープントップ・コンテナ使用かブレークバルク積みかを自動判定。
  • フラットラック・コンテナやオープントップ・コンテナを使用した場合、システム内にもつ航海中に予想される船体動揺のデータを使って、必要なラッシング本数を計算する。
  • システム内にシャーシ情報を持ち、シャーシ積載時の各車軸に加わる荷重の算出を行い、米国の道路重量制限に適合しているかのシミュレーションが可能。
  • 危険物を積載する場合、国際海上危険物規則(IMDG Code)の基本的な積み分けを自動的に行う。

 ソフト開発は、当社のITグループ会社である株式会社ケイラインシステムズが行い、同社が販売の窓口となります。

註:Microsoft®、Windows®は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ