• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 大型コンテナ船最終船竣工について

2002年09月17日
川崎汽船株式会社

大型コンテナ船最終船竣工について

 川崎汽船は、2001年より5500TEU型新造コンテナ船の連続建造を行ってまいりましたが、この度最終船「GENOA BRIDGE」が今治造船株式会社(幸陽船渠株式会社)にて竣工し、9月11日に上海にて北米太平洋/アジア/欧州振り子航路に就航しました。これにより、計画した13隻全ての建造が終了しました。

 当社の13隻が揃ったことで、当社と共同運航している陽明海運の5500TEU型コンテナ船7隻と共に、合計20隻のポストパナマックス型最新鋭高速船船隊が完成しました。この船隊が就航する北米太平洋/アジア/欧州振り子航路、アジア/欧州航路では新たなサービス体制が整い、より一層安定したサービスの提供が可能となりました。今回の改編により、トランジットタイム短縮等も含めアジア全域、特に中国からのサービスを改善しました。現在北米航路・欧州航路共に活況を呈している中国を中心に順調に積み高を伸ばし、毎船満船状態が続いております。川崎汽船はこれからも引き続き競争力のある高品質なサービスを提供してまいります。

大型コンテナ船最終船竣工について

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ