• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 船舶運航診断システムの稼動開始について

2002年11月18日
川崎汽船株式会社

船舶運航診断システムの稼動開始について

 川崎汽船は、このたび当社グループの管理船舶にABLOG*解析システムと機関プラント監視・解析システムを導入し、運用を開始しました。これらのシステムは、航海中の船舶の航海日誌や機関プラントのデータなどを、通信コスト低減のために短波および通信衛星を使い分けてインターネット・データセンター(iDC)に蓄積し、陸上でインターネットを通じて船舶の運航・管理を効率的に行うことを可能にするものです。当社グループは、これらのシステム導入により一層の業務効率化とペーパーレスを進め、経営方針の柱の一つに位置付けている安全運航の徹底と環境保全への取組み強化を推進してまいります。

 それぞれのシステムの概要は以下の通りです。
ABLOG解析システム:乗組員が船上でパソコンにより入力した航海日誌を、iDCに蓄積されたデータとしてオペレーターおよび船主・船舶管理会社が閲覧し、運航状況の把握に役立てるもので、すでに当社運航の外航船舶約130隻において本格的な運用が行われています。
 機関プラント監視・解析システム:航海中の船舶の様々なデータを自動送信し、陸上においてもリアルタイムに監視することを可能にします。さらに性能解析プログラムと組み合わせることにより、機関管理を効率的に行うものです。約1年にわたり当社の外航船舶11隻に搭載して試験運用を実施し、事故予防に非常に役立つことを確認しました。当社は年内にさらに約30隻の外航船舶に順次搭載を進める予定です。さらに、予備品管理 、機関プラント診断、保守管理などの機能拡張を計画しています。

 なお、これらのシステムは、当社が蓄積してきた船舶の運航・管理のノウハウをベースに、当社と川重テクノサービス株式会社が、株式会社川崎造船の技術支援を得て共同開発したものです。

* ABLOG(アブログ):ABSTRACT LOGBOOK、航海日誌

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ