• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 川崎汽船 コンテナ船船隊整備について

2003年09月08日
川崎汽船株式会社

川崎汽船 コンテナ船船隊整備について

 川崎汽船は、このたび、東西基幹航路での更なるサービス品質の向上および競争力の強化を図るため、8000TEU型コンテナ船4隻および5500TEU型5隻を新たに建造することと致しました。
基幹航路での荷動きの増加、業容の拡大に伴い、本年4月および5月に短期傭船の代替を目的として4000TEU型8隻の船隊整備を決定しましたが、今回の船隊整備は短期傭船および既存船隊の代替を促進し、顧客に対し高品質のサービスを提供して参ります。
建造造船所は8000TEU型は(株)IHIマリン・ユナイテッド、5500TEU型は現代重工(株)で2006年央から2007年初頭にかけて竣工する予定です。

 船型の概要は以下の通りです。

  8000TEU型 5500TEU型
全長 336.0 メートル 283.8 メートル
全幅 45.8 メートル 40.0 メートル
喫水 13.0 メートル 12.5 メートル
公称コンテナ積載個数 8120 TEU 5624 TEU
サービススピード 24.5 ノット 25.0 ノット

 8000TEU型については国内造船所で建造されるコンテナ船としては過去最大となります。
仕様については今後更に検討して詳細を固めていくことになりますが、地球環境へも十分配慮したものとする予定です。尚、投入航路はアライアンスのパートナーである陽明海運(台湾)との共同配船による欧州航路を予定しています。
5500TEU型については同造船所で2001-2002年に竣工した7隻の同型船の運航実績から、その信頼性を評価したうえで追加発注を決定したものです。

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ