• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 港湾情報データベース「K-PIA」の運用開始について

2003年05月22日
川崎汽船株式会社

港湾情報データベース「K-PIA」の運用開始について

 川崎汽船は、世界各港の港湾情報を網羅するデータベース 「"K" Line - Port Information Archive(K-PIA :ケーピア)」を構築し、このたび運用を開始しました。この「K-PIA」は、社内に限らず、海外現地法人においても利用できるように展開しています。

 これまで、当社に集まる「各船からの船長報告」や「現地代理店等からのレポート」といった港湾情報は、各担当部署で管理し、互いに情報交換しておりました。しかし、これらの港湾情報は当社が収集・蓄積した重要な情報であることから、社内で共有化し有効に利用することを目的として、このたび「K-PIA」を構築したものです。「K-PIA」には当社の独自の技術的な情報である「Marine Department Circular」および「海務関係出状」も取り込んでいます。

 さらに、「Guide to Port Entry(世界約6,000港とターミナルの港湾情報)」、「Guide to Tanker Port(タンカー寄港地の港湾情報)」といった一般港湾情報をはじめ、「BP’s "Port to Port"(世界港間距離表)」、「Linden Software’s "Auto Tide"(世界約4,000港の潮汐情報)」および「Mapcom2001(航海距離計算ソフト)」といった市販の港湾情報も取り入れ、社内運航担当者の便宜を図っています。

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ