• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > インドネシア陸送合弁会社設立について

2003年05月21日
川崎汽船株式会社

インドネシア陸送合弁会社設立について

 川崎汽船のインドネシア現地法人PT. "K" Line (Indonesia)は、このたび現地最大手の完成車輸送会社であるMobaru Diamond社と合弁会社を設立し、6月より共同で完成車陸送事業を開始します。4月に営業を開始した"K" Line Total Logistics Indonesia社が着手していた陸送事業も、この合弁会社に集約します。

 AFTAでの域内相互供給体制が進展し、完成車の物流量の増大が予想される中で、インドネシアにおいてもキャリアカーを用いたダメージの少ない大量輸送ニーズが拡大していくことが見込まれています。川崎汽船グループでは、このような物流ニーズに積極的に対応し、また同国での物流インフラの整備にも貢献します。

 この新合弁会社では、パートナーであるMobaru Diamond社の現地業界最大手としての経験を生かし、効率的な車両運行を目指すとともに、当社グループとの海陸輸送と連携した高付加価値的な陸上輸送を視野に入れ、互いの強みを相乗的に発揮しうる理想的なパートナーシップとなりました。

 今後新会社では、完成車輸送とともにコンテナ陸送分野での展開も視野に入れており、サービス提供能力の一層の向上を目指します。

1)合弁会社名 PT. "K" Line Mobaru Diamond Indonesia
2)資本金 US$725,000 (Mobaru側51%、"K" Line側49%)
3)本社所在地 Summitmas II 14th Floor, Jl Jend, Sudirman Kav. 61-62, Jakarta 12069
4)役員 4名
・Commissioner 能仲哲夫(兼任)、Mr. Kijantoro Purnomo
・Director Mr. Eddy Suwanto、Ms. Atsuko Watanabe(兼任)
5)従業員: 130名
6)運行体制 車両30台にてジャカルタ及びスラバヤを中心とした広域運行

"K"LINE KLTL

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ