• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 当社パナマ籍船、ISPSコードに基づくSSP船舶審査に合格

2004年01月23日
川崎汽船株式会社

当社パナマ籍船、ISPSコードに基づくSSP船舶審査に合格

 当社のパナマ籍船 GLOBAL HIGHWAY (自動車専用船、船舶管理:太洋日本汽船株式会社)が、船舶保安規程(SSP)書類審査に引き続き、1月16日、他社に先駆けて(邦船社・パナマ籍船)、日本海事協会による船舶保安規程(SSP)船舶審査を受審し、合格いたしました。 これは、船舶保安に対する当社グループの積極的な姿勢の表れです。

 なお、船舶と港湾施設の国際保安コード(ISPSコ-ド)とは、船舶と港湾施設が協調して、テロ行為などの保安に脅威を与える行動を阻止することを目的として、2002年12月に採択された国際条約です。 このISPSコードにおいては、国際航海に従事する500総トン以上の貨物船などに、船舶保安規程(SSP)の備え置き、国際船舶保安証書(ISSC)の所持などが求められています。

 当社グループでは、 ISPSコードが発効する2004年7月1日までに、所有する全船舶の国際船舶保安証書(ISSC)を取得するべく、引き続き積極的な対応を進めています。

船舶保安規定(SSP = Ship Security Plan)
船舶と港湾施設の国際保安コード (ISPS = International Ships and Port facilities Security code)
国際船舶保安証書 (ISSC = International Ship Security Certificate)

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ