• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 東京電力向け専航船"CORONA KINGDOM"竣工

2004年04月05日
川崎汽船株式会社

東京電力向け専航船"CORONA KINGDOM"竣工

 川崎汽船が今治造船に発注していた88,000トン型石炭船「CORONA KINGDOM(コロナ・キングダム)」が、4月5日今治造船株式会社丸亀事業本部にて竣工、同日東京電力株式会社 白川常務取締役夫妻の臨席により、本船の命名式が執り行われ、就航しました。
同船は、東京電力株式会社向け専航船として、長期にわたり主に茨城県常陸那珂、福島県広野および福島県相馬の発電所向け石炭輸送に投入されます。
船名は、コロナシリーズとして定着している当社の発電用石炭専用船隊を表わす「CORONA」と、原義の「王国、王の国土」から転じて「世界、領域」の意を持ち、コロナ船隊の確立を象徴する言葉として「KINGDOM」と命名しました。

【本船要目】

全長 229.93M 載貨重量トン数 88,233MT
型幅 38.0M 総トン数 48,032T
型深 19.90M 純トン数 26,714T
満載喫水 13.819M ホールド/ハッチ数 5/5

 当社が独自に開発したコロナシリーズは、火力発電所向け石炭輸送に最適な幅広浅喫水の船型を採用した画期的な石炭専用船です。「CORONA KINGDOM」の就航により、同シリーズ船隊は9隻体制となりました。
さらに当該船型による発電用石炭輸送の需要拡大に対応するため、2007年度までに2隻の竣工が予定されており、コロナシリーズは11隻体制に拡充され、国内最大かつ最新鋭の石炭輸送船隊となります。 これにより、当社の発電用石炭輸送船隊は年間1300万トン輸送体制が整い、石炭の安全かつ安定的な輸送に貢献してまいります。

【コロナシリーズ船隊リスト】

船名 載貨重量トン 建造年 造船所
CORONA ACE 77,447 1994 川崎重工
CORONA DYNAMIC 77,283 1998 川崎重工
CORONA EMBLEM 77,302 1998 川崎重工
CORONA FRONTIER 88,291 2000 今治造船
CORONA GARLAND 88,222 2000 今治造船
CORONA HORIZON 88,315 2000 今治造船
CORONA INFINITY 88,233 2002 今治造船
CORONA JOYFUL 88,233 2003 今治造船
CORONA KINGDOM 88,233 2004 今治造船
CORONA L T.B.N. 83,000 2007 大島造船
CORONA M T.B.N. 88,000 2007 今治造船

東京電力向け専航船"CORONA KINGDOM"竣工

東京電力向け専航船"CORONA KINGDOM"竣工

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ