• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 改正SOLAS条約およびISPSコードへの取組み

2004年07月08日
川崎汽船株式会社

改正SOLAS条約およびISPSコードへの取組み

 船舶と港湾施設が協調して、テロ行為などの保安に脅威を与える行動を阻止することを目的とした改正海上人命安全条約(改正SOLAS条約)および船舶と港湾施設の国際保安コード(ISPSコード)が7月1日発効されました。

 川崎汽船グループでは、改正SOLAS条約およびISPSコードに対応するため、昨年初めから準備を進め、現在当社が運航する船舶は国際船舶保安証書(ISSC)およびCSR(履歴記録)の取得等の準備を整え、改正SOLAS条約およびISPSコードの要件に適合しています。

 当社グループでは、船舶と港湾施設の国際保安コード(ISPSコード)のみならず、国際安全管理コード(ISMコード)等への遵守にも引き続き努めてまいります。

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ