• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 大阪ガス株式会社向け新造LNG船 造船契約締結の件

2004年12月13日
川崎汽船株式会社

大阪ガス株式会社向け新造LNG船 造船契約締結の件

 川崎汽船株式会社は、大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社(大阪ガス株式会社100%子会社)および日本郵船株式会社との共有形式にて、株式会社川崎造船と積載容量153,000M3型LNG船1隻の造船契約を締結致しました。

 今回造船契約を締結したLNG船は、主として大阪ガスが2009年より引取りを開始するカルハット・プロジェクトのLNG輸送用に投入される予定です。

 本LNG船は、4基ある球形LNGタンクのうち3基を垂直方向に約2m延長することによって従来の145,000M3型LNG船並みの船型と燃費を維持しながらLNG積載量を約5.5%増加、輸送効率を高めているのが特徴です。また、世界の主要LNG基地に入港できる仕様としております。

 川崎汽船は、1983年に日本船社初のLNG船「尾州丸」の管理受注して以降、現在までに25隻のLNG船保有に参画、また追加10隻を発注済みです。大阪ガスとの間では、同社がLNG引取りしているバダック増量プロジェクトに「尾州丸」を投入しているほか、バダックIVプロジェクト、オマーンLNGプロジェクトでは、大阪ガスインターナショナルトランスポートとLNG船を共有しております。川崎汽船は、引き続きLNGビジネスの業容拡大に取り組んでまいります。

(ご参考)新造船概要

造船所 株式会社川崎造船
引渡し 2008年12月
独立球形(モス型)タンク×1基
独立ストレッチ球形(モス型)タンク×3基
積載容量約153,000M3
全長/全幅 289.5m/49.00m
喫水 11.76m
総トン数 124,000トン
速力 19.5ノット

以 上

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ