• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 新造ケープサイズバルカー2隻が竣工

2005年01月11日
川崎汽船株式会社

新造ケープサイズバルカー2隻が竣工

 当社グループの発注したケープサイズバルカー新造船2隻が1月上旬相次いで竣工しました。

 2005年1月6日ユニバーサル造船津事業所で20万トン型ケープサイズバルカー『Cape Rosa』が竣工し、豪州に向けて出航しました。本船は当社が発注した20万㌧型瀬戸内マックスシリーズの第1船で、主に豪州から日本にむけて鉄鉱石と石炭を輸送します。

 翌1月7日には当社欧州法人"K" Line(Europe) Ltd. が発注した18万5千㌧型ケープサイズバルカー『Cape Riviera』が川崎造船坂出工場にて完工し、同社へ引き渡されました。
 本船は主に大西洋水域にて同社の顧客向け貨物輸送に従事します。

 当社は鉄鋼原料輸送を世界規模で成長を持続する分野と位置付け、積極投資による事業拡大を図っています。2005年は上記2隻を含めてケープサイズ9隻、パナマックス3隻の新造船が新たに当社グループ船隊に加わり、世界有数の規模を誇る運航会社として増大する鉄鋼原料輸送需要に対応してまいります。


船舶主要目

20万トン型ケープサイズバルカー『Cape Rosa』

載貨重量トン数 約203,000 metric tons
全長 299.95 M
全幅 50.0 M

18万5千トン型ケープサイズバルカー『Cape Riviera』

載貨重量トン数 約185,500 metric tons
全長 290.00 M
全幅 47.0 M

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ