• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > タコマ港新ターミナル運営開始

2005年06月08日
川崎汽船株式会社

タコマ港新ターミナル運営開始

 International Transportation Service, Inc. (以下I.T.S.) は、川崎汽船グループの一員として、北米西岸の主要ゲートポートであるロングビーチ港(カリフォルニア州)、オークランド港(カリフォルニア州)、タコマ港(ワシントン州)にて専用バース、コンテナ扱い施設を借り受け、ターミナル事業を展開し、川崎汽船のみならず他船社サービスも誘致しながら高品質のサービスの提供を行っています。

 タコマ港におけるI.T.S.社コンテナ・ターミナル「ハスキー・ターミナル」は、1983年の設立以来20年以上にわたり「ターミナル7D」にて運営を続けて参りましたが、昨年港湾局と新たに締結した施設借り受け契約に則り、このたび「ターミナル3および4」への移転を完了いたしました。移転後第一船の着岸は今週後半に予定されています。

 第一船は川崎汽船の北米北西岸(PNW)サービス就航船「Verrazano Bridge」です。本船は、昨年末から順次竣工しPNWサービスに投入されている4000TEU型最新鋭コンテナ船5隻のひとつです。「Verrazano Bridge」は、現地時間の6月9日(木)朝ハスキー・ターミナル新施設に着岸し、約2800個のコンテナが揚げ積みされる予定です。

 ハスキー・ターミナル新施設の規模は約74エーカー、長さ1950フィートと950フィートの2つのバースにポスト・パナマックス対応型の大型ガントリー・クレーン4基が配備されています。これは、1バース、約33エーカーのヤードをパナマックス型ガントリー・クレーン4基で運営していた旧ターミナルの2倍以上の規模となります。更に2006年には950フィート・バースの1250フィートへの延長、ヤード面積の約93エーカーへの拡張、及びガントリー・クレーンの追加設置など新施設の拡充、整備を計画しています。

 北米西岸諸港における主要ターミナル・オペレーターとして、I.T.S.社は引き続き積極的な施設の拡充と整備を進め、川崎汽船のコンテナ船サービスを利用される顧客並びに、他船社ユーザーに高品質なサービスを提供してまいります。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ