• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 川崎汽船 LNG船シミュレータを大幅バージョンアップ

2005年07月27日
川崎汽船株式会社

川崎汽船 LNG船シミュレータを大幅バージョンアップ

 川崎汽船はこのほどLNG船シミュレータを大幅に拡充しました。ボイラーを含めたLNG船荷役シミュレータは既に稼動して、効果的な訓練が実施されていますが、今回、LNG船の主機関となっているタービンプラントの操作シミュレータを導入、これによってLNG船の総合的な操作訓練が可能となりました。

 東京都町田市にある川崎汽船研修所に設置された同シミュレータは、川崎汽船と川崎造船および川重テクノサービスが約1年の歳月をかけて共同開発したもの。大きな特徴は65インチのリアプロジェクタディスプレイ画面に実写映像、写真、並びにコンピューターグラフィックで製作した3D画面を映すことで機関室内を リアルに再現し、画面上に表示される機関室内の操作スイッチや弁を3Dマウスで操作することで機関プラント全体がその通りに反応するというバーチャルリアリティーを実現していることにあります。
 シミュレーションとしてプラントアップ・ダウン、入出港作業、通常航海、緊急時対応等の操作訓練が可能で、初心者から熟練者まで、個々のレベルに応じ幅広い訓練が実施可能です。特に、入出渠作業は実際に経験する機会が少ない中、実運転作業状態を再現するため非常に効果的な訓練が実施できます。

 また、これから初めてLNG船に乗船しようとする船員に対しても、機関室内を実際に歩いている感覚で機器の位置や形を学習できるように、映像とCGで機関室内部を精密に再現した「機関室ツアー」という機能も兼ね備えており、要所要所において実写映像を360度回転で映し出し、視界内にある機器の説明が日本語か英語の音声と文字で行なわれます。

 従来のシミュレータは、系統図が画面に表示される程度にとどまったのに対し、今回川崎汽船が導入したものは、機関室内の光景がリアルに再現されており、かつ実際の機関の操作、運転音が取り入れられているので、バーチャルでありながら実際に船上にいるのと同じ感覚で機器を操作しながら訓練できる点が極めて画期的です。

 世界的にLNG船輸送ビジネスの拡大が予測されるいま、LNG船に習熟した船員の確保が各船社にとっては極めて重要な課題となっています。川崎汽船ではこの新鋭シミュレータも加えた教育訓練を行い、LNG船乗組員の養成と経験者の更なる技量向上を目指します。

<当社 LNG船シミュレータ装置全体> 
今回、導入したタービンプラント訓練シミュレータ

(今回、導入したタービンプラント訓練シミュレータ)

既存のLNG船荷役シミュレータ

(既存のLNG船荷役シミュレータ)


<機関室ツアーシステム>

(メイン画面)

メイン画面

ツアー画面

(ツアー画面)

音声ガイド画面

(音声ガイド画面)

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ