• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 新物流システム Visibility Management System 開発

2005年08月24日
川崎汽船株式会社
(KLTL物流事業関連プレスリリース第17号)

新物流システム Visibility Management System 開発

 当社はサプライチェーンマネージメントサポートシステムとして Visibility Management System (VMS) を急速に変化する物流市場に対応するべく独自に開発してまいりましたが、このたび開発が完了いたしましたので、ご案内いたします。

 VMSはインターネットをベースとしたサプライチェーンマネージメントシステムで、コンテナ単位での動静確認だけでなく、コンテナ内のSKU (Stock Keeping Unit : 製品の在庫管理単位) レベルで物流におけるすべての動静を確認することが可能です。 さらには、本船予約、コンテナの動静、船積み、パーチェスオーダー、製品情報など、詳細なデータが常にロジスティクスパートナーによって更新され視覚的にウェブ上でリアルタイムに必要な情報をすばやく365日いつでも取得することが可能です。

 VMSはすでに使用を開始しており、当社グループ会社の協力により、北米に拠点を置く顧客のアジアからの購買をサポートしています。 また、日本の大手メーカーにおける世界各地からの調達、梱包、海上輸送などの情報の相互互換の役割を果たしています。

 VMSはサプライチェーンの基盤となり、物流に必要な全ての情報をお客様のニーズに合わせて提供します。 お客様からの物流ニーズを満たすべく開発されたVMSを以って、当社はお客様の物流改善をより密接にお手伝いさせていただきます。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ