• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 5000台積み自動車運搬船 "SHANGHAI HIGHWAY" 竣工

2005年08月26日
川崎汽船株式会社

5000台積み自動車運搬船 "SHANGHAI HIGHWAY" 竣工

 この度、南通中遠川崎船舶工程有限公司 [Nantong COSCO KHI Ship Engineering Co., Ltd.(NACKS社)](以下 NACKS)にて5000台積み自動車運搬船"SHANGHAI HIGHWAY"が竣工致しました。NACKSは株式会社川崎造船と中国遠洋運輸(集団)総公司[China Ocean Shipping(Group)Co.(COSCO社)]との合弁会社であり、造船技術面において川崎造船の指導を受けており、中国内では非常に優秀な造船所と評価されています。本船に引き続き、同型船2隻"TIANJIN HIGHWAY""GUANGZHOU HIGHWAY"の就航も予定しております。当社にとって初の中国建造船です。

 本船は次のような環境、安全面に配慮した新しい船体構造及び機器を採用しています。

燃料油タンクの3重底内配置

 油濁防止、環境保護の観点より、万が一の船体損傷時にも燃料油タンクの保護性能向上のため、当社自動車専用船初の3重底内に燃料油タンクを配置しています。(下図ご参照)

(船体中央断面図)

船体中央断面図

電子制御機関

 当社として主機関に環境に優しい電子制御機関を初めて採用致しました。燃料噴射タイミングや排気弁の開閉タイミングを電気的信号で制御することにより、以下のメリットがあります。

(1)NOxの削減
:燃料噴射タイミングを最適化することによりNOx(窒素酸化物)の低減が可能。
(2)低負荷でのPM(煤塵)の削減
:燃料高圧噴射により燃焼性の改善が図られることによる。
(3)低負荷でのCO2(二酸化炭素)削減
:燃料噴射タイミングを最適化することにより、低負荷での燃料消費量を減少させることによる。
(4)操船性の向上(更なる安全性の向上)
:逆転始動性の向上や最低回転数の低減による。

集塵装置概要

 排気ガス中のPM(粒子状物質)を取り除く集塵装置を搭載しています。船舶からの排気ガスをクリーンにすることが最大の目的であり、船舶から極まれに排出される煤塵が岸壁へ飛散するのを防止する効果があります。
 セラミックスフィルタによる煤塵除去装置メーカーである『日本ガイシ株式会社』の協力の元、陸上向けに販売している機器を舶用仕様に変更しました。集塵原理は煤塵をセラミックスフィルタにより捕捉します。目詰まりを防止する目的で75秒間隔に0.1秒間の高圧空気で逆洗を行い、フィルタの下部に設けているタンクに煤塵を集めます。発電機の排圧を一定に保つために、排ガスファンを設けて排気ガスを吸いだしています。集塵効率は99%と非常に高性能であり、非常に粒子の細かい煤塵まで捕捉可能です。

集塵装置

【新造船概要】

全長 179.99 M 深さ(Free board) 14.98 M
全幅 32.2 M 載貨重量トン数 15,000 MT

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ