• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アジア/中東航路新規サービス開始の件

2005年09月14日
川崎汽船株式会社

アジア/中東航路新規サービス開始の件

 川崎汽船株式会社("K"L INE)は、2005年10月よりコスコン社(本社:中国上海)及び韓進海運(本社:韓国ソウル)との共同で新たにアジア/中東サービス(SMX:SouthChina/MiddleEastExpressService)を開始致します。今回のSMX開始により、伸張著しいアジア/中東航路において"K" LINEのサービスは週3便となり、南中国から中東までの最短のトランジットタイム及びサービス品質をお客様に提供してまいります。今回の新規サービスは、同航路における*CKH3社での初の協調サービスとなります。

サービス名 SMX(South China/Middle East Express Service)
投入船 2,000TEU型×4隻
寄港地 高雄-香港-塩田-シンガポール-デュバイ(ポートラシッド)-バンダル・アッバス-シンガポール-高雄

 尚、既存の下記サービス(CSG、MEX)に変更はございません。

(CSG)

上海-寧波-シンガポール-ポートケラン-デュバイ(ポートラシッド)-バンダル・アッバス-カラチ-ポートケラン-シンガポール-クアンタン-香港-上海

(MEX)

上海-厦門-香港-シンガポール-ポートケラン-デュバイ-ダッマン-カラチ-ムンドラ-シンガポール-レムチャバン-香港-上海


*CKH=コスコン社(Cosco Container Lines)、川崎汽船("K" LINE)、韓進海運(Hanjin Shipping)3社の頭文字をとったもの。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ