• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > フィリピン アロヨ大統領から国際海事雇用者賞をダブル受賞

2005年11月28日
川崎汽船株式会社

フィリピン アロヨ大統領から国際海事雇用者賞をダブル受賞

 川崎汽船("K"ライン)および関係会社である太洋日本汽船は、「長年にわたり、フィリピン人船員の雇用およびそれに伴う船員、家族の福祉向上に多大な貢献をした」ことにより、フィリピン共和国大統領ならびに労働雇用大臣による第2回「国際海事雇用者表彰」を、2002年の第1回表彰に引き続き、連続受賞しました。

 表彰式は、11月21日フィリピン共和国マラカニアン宮殿で執り行われ、川崎汽船前川社長および太洋日本汽船林社長宛に、アロヨ大統領からトロフィーが授与されました。

 川崎汽船は、1989年4月にフィリピンに船員雇用会社を設立し、以来同社のフィリピン人船員の雇用を通じ、フィリピン共和国の発展に貢献してまいりました。1993年1月にはマニラ市に船員研修所を設立し、2004年には延べ4000人のフィリピン船員の教育訓練を実施しました。

 また、太洋日本汽船もフィリピン人船員雇用会社を通じ、2002年から2004年にかけて、延べ3000人のフィリピン人船員の雇用確保に貢献しました。"K"ライングループの一員として、高いレベルのフィリピン人船員確保と教育訓練を行っています。

 "K"ライングループは、フィリピン人船員をグループ支配船隊の重要なマンニングソースの1つと位置付け、中期経営計画"K"LINE Vision 2008 に基づき、船員の教育訓練体制を更に強化・拡充し、より一層の安全運航体制の確立に向け、取り組む所存です。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ