• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > カタール「ラスガス3」向け新造LNG船8隻 長期定期傭船契約締結

2005年11月29日
川崎汽船株式会社
株式会社商船三井
日本郵船株式会社
三井物産株式会社
飯野海運株式会社

カタール「ラスガス3」向け新造LNG船8隻
長期定期傭船契約締結

 (株)商船三井・日本郵船(株)・川崎汽船(株)・三井物産(株)・飯野海運(株)およびQatarGasTransportCompanyLimited(QGTC)は、210,000m3型新造LNG船8隻につきRasLaffanLiquefiedNaturalGasCompanyLimited(3)(ラスガス3)と長期定期傭船契約を締結、同時に韓国大宇造船および現代重工業と当該船の造船契約を締結しました。


【契約概要】

契約締結日/場所 11月28日 カタール・ドーハ
船主 商船三井・日本郵船・川崎汽船・三井物産・飯野海運およびQGTCが共同出資する新会社(「J5NakilatNo.1~No.8 Ltd」(*)/本社:マーシャル諸島)
* 「 」内の新会社名は、日本側の5社とQGTC、新造船第1~8船を意味する。
傭船者 ラスガス3
傭船期間 本船竣工(2008年3月~9月)から25年間
投入船 210,000mm3メンブレン型新造LNG船8隻
造船所 韓国・大宇造船(5隻)、現代重工業(3隻)に発注
船舶管理 商船三井(3隻)、日本郵船(3隻)、川崎汽船(2隻)

【ラスガス3概要】

 カタールペトロリウム(70%)とエクソンモービル(30%)が出資・設立したLNGの生産・販売会社で、2008年から主として米国にLNGを販売する予定。
(当初販売予定:年間780万トン、増設計画中の液化設備完成後は年間1560万トン)。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ