• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アントワープ・インターナショナル・ターミナル 第一船入港

2005年12月12日
川崎汽船株式会社

アントワープ・インターナショナル・ターミナル 第一船入港

 PSA-HNN・川崎汽船・陽明海運・韓進海運の4社によるターミナル運営合弁会社として
 去る2005年10月設立致しましたアントワープ・インターナショナル・ターミナル NV(Antwerp International Terminal NV = AIT)は、この程2005年12月2日(土)入港の本船Cypress Bridge (オペレーター : 陽明海運 / 全長 275m / 5500TEU型)を第一船として運営開始致しました。

 本船Cypress Bridge は、アントワープ-フェリックストウ-ポートサイド-スエズ-シンガポール-香港-高雄-上海-寧波-ロッテルダム-ハンブルグに寄港するアジア/欧州サービス(AES)に投入されており、今回のアントワープ寄港においては、約1600個のコンテナの積み揚げの取り扱いとなりました。

 川崎汽船・陽明海運・韓進海運はアントワープ・インターナショナル・ターミナルを急速に荷動きが伸張している極東/欧州トレードの重要なハブとして位置づけ、今後とも、この専用ターミナルを活用し安定的で高品質なサービスの提供を図ってまいります。

Antwerp International Terminal

Antwerp International Terminal

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ