• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アジア/豪州定期コンテナ航路 新サービス開始

2006年01月05日
川崎汽船株式会社

アジア/豪州定期コンテナ航路 新サービス開始

 川崎汽船株式会社("K"LINE)は、アジア(日本・韓国・中国)/豪州定期コンテナ航路におけるP&O Nedlloyd社(オランダ)のコンソーシアムからの脱退を機に、商船三井、日本郵船、コスコン社の3社と共同にて2006年2月より新たな北アジア/豪州サービスを開始致します。

 今回の改編により、当社は寄港地の見直しを含めコスト競争力を強化し、アジア/豪州航路にて今後とも高品質且つ充実したサービスをお客様に提供してまいります。

 新サービスの概要は以下のとおりです。


【新サービスの概要】

アジア/豪州航路(ESACO Loop 2)

川崎汽船、商船三井、日本郵船の3社共同で2隻を追加投入

投入船 2400TEU型コンテナ船 × 5隻によるウィークリーサービス
寄港地
(現行)
横浜 - 名古屋 - 大阪 - 釜山 - 基隆 - 香港 - 蛇口 - メルボルン - シドニー - ブリスベン - 横浜
寄港地
(改編後)
横浜 - 名古屋 - 大阪 - 釜山 - 上海 - 南沙 - 蛇口 - 香港 - メルボルン - シドニー - ブリスベン - 横浜

中国/豪州航路(ESACO Loop 1)

投入船 1700TEU型コンテナ船 × 5隻によるウィークリーサービス
寄港地
(現行)
上海 - 厦門 - 南沙 - 香港 - シドニー - メルボルン - ブリスベン - 香港 - 上海
寄港地
(改編後)
厦門 - 青島 - 上海 - 寧波 - シドニー - メルボルン - ブリスベン - 香港 - 厦門

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ