• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 5000台積み自動車運搬船 "GUANGZHOU HIGHWAY" 竣工

2006年01月11日
川崎汽船株式会社

5000台積み自動車運搬船 "GUANGZHOU HIGHWAY" 竣工

 この度、南通中遠川崎船舶工程有限公司 [Nantong COSCO KHI Ship Engineering Co., Ltd.(NACKS社)](以下 NACKS)にて5000台積み自動車運搬船"GUANGZHOU HIGHWAY"が竣工致しました。本船は当社運航船では初めての環境にやさしい電子制御エンジンを搭載した3隻シリーズの最終番船に当たります。昨年8月、11月にそれぞれ就航した"SHANGHAI HIGHWAY"、及び"TIANJIN HIGHWAY"は順調な運航を続けています。
 なお、本船を建造したNACKSは株式会社川崎造船と中国遠洋運輸(集団)総公司[China Ocean Shipping(Group)Co.(COSCO社)]との合弁会社であり、造船技術面において川崎造船の指導を受けており、中国内では優秀な造船所と評価されています。

 本船では前2隻に引き続いて環境、安全面に配慮した新しい船体構造及び機器を採用していますが、それらに加えてMARPOLに対応した低硫黄燃料タンクを設置しています。


燃料油タンクの3重底内配置

 3重底内に燃料タンクを配置することにより、万が一の船体損傷時にも燃料油タンクをダメージから守り、従来船型と比べて漏油事故などの海洋汚染リスクを低減させることを目的としています。


電子制御機関(KAWASAKI MAN B&W 7S60ME-C)

 電子制御機関は燃料噴射タイミングや排気弁の開閉タイミングを電気的信号で制御することにより、NOx(窒素酸化物)削減、低負荷での煤塵/CO2の削減、低速域での操船性の向上等の効果が得られます。


集塵装置

 排気ガス中のPM(粒子状物質)を取り除く集塵装置を搭載しています。船舶からの排気ガスをクリーンにすることが最大の目的であり、船舶からごくまれに排出される煤塵が岸壁へ飛散するのを防止する効果があります。運航中の"SHANGHAI HIGHWAY"、"TIANJIN HIGHWAY"両船においても、その集塵効果は実証されています。


R404A(冷媒)の使用

 地球環境により一層配慮するために、船内の冷凍機や冷房機の冷媒として環境にやさしい(オゾン層破壊係数がゼロの)R404Aを採用しています。

低硫黄燃料タンクの設置

 MARPOL 73/78 Annex VI(船舶からの大気汚染防止のための規則)に柔軟に対応することを目的とし、本船には通常の燃料タンクに加え、低硫黄燃料専用タンクを設置しています。


【新造船概要】

全長 179.99 M 深さ(Free board) 14.98 M
全幅 32.2 M 載貨重量トン数 15,000 MT

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ